大連マイブーム!復活編の復活編!

アクセスカウンタ

zoom RSS 梨は肺を潤す

<<   作成日時 : 2011/11/13 18:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

暖房が入って部屋が暖かくなったはいいけど、
乾燥がひどい。
ジーンズが一晩でパリパリ。

で、やられました。
喉。というか、気管支。
ガサガサで声が出ません。
医者に行けばいいのかもだけど、
面倒で。。。そして、それほどでもない気がして。。。

画像


そしたらアイさん(ベビーシッター)が
「梨は肺を潤すから梨をたくさん食べろ。」と。

以前も、たまきの皮膚がガサガサの時、
「肺と皮膚は繋がっていると(漢方では)言われているから
肺を潤す梨を食べさせろ」と
同じことをアイさんに言われ
毎日のように食べさせていたら
なんと肌がスベスベに。
自然に治る時期だったのかもしれないけど、
これにはちょっとビックリ。
医食同源、中国では本当に生きてます。

で、この二日間、食べてます。
梨のコンポート。
洋梨じゃなくて、和梨で。
氷砂糖で作ります。

なぜか、煮た和梨はサツマイモみたいな味がするんだけど、
どうしてかな。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そう言えば、娘も幼稚園の先生に言われました。
 リ 和ビンタン ・・・湯 とか 聞き取れたのは一部でしたが中国人の友達に教えてもらって幼稚園に持たせてました。
ちゃんと暖めて飲ませてくれていました。
素晴らしい老師でした。
marorotti
2011/11/16 22:13
>marorottiさん

お久しぶりです〜。
やっぱり、言われるんですね。

梨だけでなく、きくらげ(黒・白)もいいらしいです。
あれを氷砂糖とじっくり煮ると、
中の有効成分が出てくると。
味は・・・・ですが(笑)
pigrets2
2011/11/18 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
梨は肺を潤す 大連マイブーム!復活編の復活編!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる